• サイトマップ
  • トップページ

Slide 1 Slide 2 Slide 3 Slide 4 Slide 5

主筋を切る。とは

 

建物基礎の図

主筋とは、鉄筋コンクリート造で、柱の垂直力や梁の水平力または曲げの力を補って曲がらないように配置した鉄筋のこといいます。 住宅の基礎も、コンクリートでできているので、主筋で変形を防止しています。

ただ、現在のレール工法、H鋼工法やIビーム工法では、建物基礎に切って、そこに鉄骨を入れ、鉄骨にワイヤーを繋いで家を曳きます。 このため、基礎の主筋も切断をしてしまいます。 当然、移動後は鉄筋を補って、もとの主筋に溶接を行い、その上からコンクリートで固めるので、一見すると基に戻ったように見えますが、もともと1本の鉄筋だったものと2本を溶接したものとでは耐久性・耐震性は落ちます。


基礎側面図

さらに、建物を曳く時に鉄骨を入れる位置(基礎を切る箇所)は、住宅の最も強い場所、つまり柱に近い場所になるので、曳くことによって建物自体に歪みが出てきます。

  • お問い合わせ
  • 御見積り依頼


Live broadcasting by Ustream

メディア掲載

  • Twitter
  • 営業所一覧はこちらから
  • 真日本曳家協会
  • 地盤沈下対策協会
  • トーセ・フォールドサービス
  • 工作物地盤保証システムIGLAD