• サイトマップ
  • リンク集
  • トップページ

ダブルロック工法
Slide 1 Slide 2 Slide 3 Slide 4 Slide 5

地震・液状化対策

 

地震が多い日本で、液状化対策が注目され始めました。
東日本大震災以降、新聞や雑誌で特集される事も多くなり関心が集まっていることがのぞき見えます。
それに伴い地盤改良を行っている当社には液状化した土地の沈下修正を施工された方から相談が寄せられています。


「再沈下が起こった」「現工法で効果はあるのか?」等、当時の施工業者の説明不足や虚偽説明があるようです。
新聞でアンダーピニング(鋼管杭工法)の記事が掲載されていましたが杭を打つことで液状化対策になるとの事でした。

 

当社は東日本大震災で千葉県浦安市の液状化沈下修正を一番施工している会社なので現状をよく理解しております。
そのなかで震災後の余震でアンダーピーニングや他社工法は再沈下が起こっていると聞いております。
アンダーピーニング工法は液状化対策とは考えにくいのが現状です。

 

一般的なアンダーピーニング工法

 

軟弱地盤・液状化をコップに入った水と考えて頂くと判りやすいと思います。


鋼管杭を支持層のコップ底辺まで伸ばした状態がアンダーピーニング工法です。
支持層で支えられ沈下は抑えられます。


揺れると

地震と見立ててコップを揺らすと左図のように建物を動かしてしまいます。また、杭も傾く可能性もあります。
液状化の対策は表土の改良が重要となります。


また沈下後の修正施工の場合は支持層まで杭が届くのは稀でほとんどの杭は摩擦で打ち込みが出来ず、支持層に届かないまま未完成の状態で工事を完了しているのが現状です。
支持層まで届いてない施工は再沈下しても当たり前だと思われます。


 

砕石等で締固めしてアンダーピング工法の場合

 

杭を併用しての砕石等で締固めや柱状地盤改良の場合も同じです。
安定しているように思えますが、液状化が起これば軽い砂や水が上に上がり砕石や石など重いものは下に下がります。


揺れると

コップを揺らすと土壌の土や砕石の空隙から水が浮き建物を傾かせます。


また液状化の後の施工では住宅がある状態での締固めは難しく100%の施工は不可能かと思います。


 

ダブルロック工法の場合

 

当社がお勧めしているダブルロック工法は土壌全体を網の目のように固めながら空隙を埋めていきます。


揺れると

地震に見立ててコップを揺らしても、網の目状に固まった地盤は強く、また空隙が無いので軽い水や泥を表面に上げることを防ぎます。
またダブルロック工法は比重も軽く防水性能もあるため、実際に施工した住宅は余震が続いた後でも再沈下を起こしておらず、液状化には強いデータが出ています。


 
 

東日本大震災で地震による液状化対策の工法が出そろい、その後の地震発生により各工法の優劣が出始めています。
再沈下が起きる工法であるにも関わらず施工を続けている会社も存在していますので注意が必要です。
液状化対策の記事に費用の目安なども記載されていましたが、施工場所や施工難度により価格は変わります。
現地調査をしないで正確な見積りを算出することは不可能です。
記事の価格を鵜呑みにしない方がよいでしょう。
液状化の対策としてアンダーピーニングをメインに考えるのではなく、併用で使用するのが望ましく思います。
また液状化後施工の鋼管杭工法は地震の対策工事にはなりえません。

 
  • お問い合わせ
  • 御見積り依頼


Live broadcasting by Ustream

メディア掲載

  • Twitter
  • 営業所一覧はこちらから
  • 真日本曳家協会
  • 地盤沈下対策協会
  • トーセ・フォールドサービス
  • 工作物地盤保証システムIGLAD