レベル計測と地盤調査をしよう

 

平素より大変お世話になっております。

(有)西川総合建設スタッフです。

 

沈下修正の工事の中で”大切なこと”とはいったい何でしょう?

施工方法の選択でしょうか?保証を付けることができるかどうかでしょうか?それとも工事に掛かる費用でしょうか?

…もちろん、これらも大切なことです。ですがそれ以上に、沈下修正の工事には

“建物の傾き度合を確認する”レベル計測が欠かせません。

 

まず、建物の傾き度合を専用の機材を用いて計測することによって、

建物の“どの位置”が“どの程度”沈下しているかを確認します。

また柱の傾きや周囲の状況も、傾き度合を確認するための判断基準になります。

例えば、建物の建具の隙間や内装の傷み、外壁や基礎にひび割れがあると、

その部分が原因で家が傾いていると予測することもできます。

 

計測後、これらのデータをもとにして、

施工に必要な情報をまとめた“平面図”を作成するまでが一連の流れになっています。

 

 

ちなみに、当社では建物のレベル計測にレーザーレベルを使用しています。

レーザーレベルでの計測は誤差が少ないため、正確に計測することが可能です。

 

加えて、レベル計測後には地盤調査を行う必要があります。

というのも地盤調査を行わない限り、地盤の状態がわからない上に、

建物を支える地層(支持層)の深さも分からないことから不明瞭な施工になりかねません。

見積もりに関しても仮定の多い概算見積もりになってしまうため、費用面での心配が常に付きまとうことになります。

沈下修正の工事には、地盤調査も忘れてはなりません。

 

今までは工法の話が中心でしたが、今回は着工前に必要なレベル計測地盤調査についてお話しました。

正確な工事を行うためには、レベル計測と地盤調査をセットにして行う必要があります。

ご依頼の際は、この点も意識していただければと思います。

 

宜しくお願いいたします。

 

(有)西川総合建設スタッフ

 

 

関連記事

  1. お寺の嵩上げ工事 水害対策

  2. 曳家で沈下10年補償が可能です。

  3. 積雪により建物に近づけない場合の工事・・・

  4. 謹賀新年

  5. 曳家の”移動”

  6. 耐圧板工法って?

PAGE TOP