熊本地震で寸断の国道57号線の現状

《営業担当 近況報告》

先週は福岡県→熊本市→福岡県(別物件)→四国と広い範囲で打ち合わせや現場調査を行いました。県外からも問い合わせを多くいただいており有りがたい事です。熊本県に行った際に2016年4月の熊本地震により寸断されていた熊本市と阿蘇を結ぶ国道57号線を通りました。去年10月に開通したのでいつかは行こうと思っていましたが、やっと来れました。

現在は山の斜面が崩壊した場所もきれいに整備されて駐車場になっていました。石碑が建てられ後世に継がれます。平日にも関わらず観光でたくさんの人が来られており、谷の向こうに残っている地震時に落下した橋の写真を撮影されてました。当然私も写真を撮りました。

南阿蘇に抜ける阿蘇大橋も今年の3月に開通予定と聞いています。現在遠目で重機が動いているのが確認できます。舗装でもしているのかな?熊本地震後すぐに沈下修正工事の依頼が殺到して2ヶ月後には工事に取り掛かっていましたので当時の状況はよく覚えています。それからの4年間、現在も沈下修正工事を続けていますが周囲の復旧速度には驚くばかりです。

阿蘇大橋が開通したら車のエンジンに負荷をかけずに気軽に行くことが出来ます。弊社が工事をした南阿蘇村ペンションなど沈下修正した現場を見に回りたいと思っています。

 

 

 

関連記事

  1. 曳山祭りと曳家

  2. 曳家の”移動”

  3. 土蔵移動先の地盤調査

  4. 鋼管杭圧入工法とは

  5. おサイフを狙った悪質業者にご注意を!

  6. 悪質業者から身を守る!

PAGE TOP