沈んだ柱を持ち上げます!

《現場班報告》

滋賀県高島市で沈んだ柱の修正を行いました。高島市といえば日本書紀の継体天皇即位前紀に「近江国高島郡三尾之別業」とあり、 日本書紀編纂時の郡名を用いて記されたもので、奈良時代には高島の名前が使われていたとかなんとか。琵琶湖の西にある自然豊かな街です。

現地に着くと施主様がタタミと床板を事前に撤去してくださいました!ありがとうございます!すぐに柱上げ作業に入れました。

沈下部分を確認すると束石が地盤にめり込んだ状態で一度修正も行われている様子です。束石底面の面積では建物の荷重を受切れず沈んでしまったため、今回は柱持ち上げと同時に広い面積で荷重を受けられるようにします。周囲の土もセメントで撹拌しながら締固め、耐圧板を設置します。束石の何倍も広い面積で荷重を分散させ柱を支えます。柱2本とも耐圧板を設置してレベル修正を行います。

3cm強の沈下修正したのですが、沈下した状態で聚楽を塗り替えられているのでしわ寄せが出ます。菱向いた状態の壁が四角に戻ろうとするのでどうしても防げません。もし聚楽の縁に隙間が生じているときは聚楽を塗る前に一度相談して下さい。沈下していたら修正してから仕上げをしないとまた傷んでしまいます。

 

 

関連記事

  1. 曳家の工法③

  2. 曳家で沈下10年補償が可能です。

  3. 床下の空間で沈下修正作業が出来ます!

  4. 解体できない建物

  5. 薬液注入

    沈下修正工事(埼玉県さいたま市)

  6. ベース設計資料 建築編

PAGE TOP