床下の空間で沈下修正作業が出来ます!

《工事班報告》

愛知県あま市で沈下修正工事を行いました。ここ最近は新着工事が続いており複数の工程調整に難儀しています。

今回ご依頼のあった建物の現状は、建物の出隅(2F通柱)が沈下しており出隅付近の建具が開閉出来ません。部分的に床が20/1000の勾配で誰が歩いても下がっている事が判ります。建物の両サイドが境界線との距離が無く、お隣の家もあり人が入って作業する事が出来ません。前面道路と建物も距離がなく機材機器も置けません。3tユニックも進入出来ないので200V機材を使用する沈下修正工法の選択肢がありません。

検討の上、今回は耐圧板工法を内部床下での作業で施行する事になりました。

デッキバンで使用材料を搬入します。油圧ポンプも100V用の小型ポンプを使用します。弊社の油圧ジャッキは上げる時も下げる時も油圧で行います。ハンドジャッキのように油圧を抜いて下げるやり方は建物が一気に下がります。危険で建物の破損も出ますので弊社では使用する事はあまりありません。

床下寸法が≒450mmあったので人が進入して土間斫り・掘削を進めます。この空間が低い場合は床撤去をするしかありません。基礎下の空間は400mm切ったら作業不可能とお考え下さい。和室の場合は床下空間があろうが畳と床板を撤去します。その方が作業効率が良く工期短縮につながるからです。

油圧を伸ばしながら耐圧板を沈めて地盤の締固めと反力を付けます。1台づつ順番に反力を付けて建物が浮き出したら全台数を同時に油圧ジャッキを伸ばして建物を基礎ごと持ち上げます。今回は小型ポンプを使用しており油容量が小さいので4台が限界です。分流器を使用して各ジャッキを操作し、床上でレベル計測を行いながら微調整します。この調整もテクニックやコツがあり、経験値が物を言います。

今回は反力が付いてからレベル修正まで1時間程度の作業でレベル修正目標値まで修正出来ました。どうしても建物からミシッ!ミシッ!と音がしますので施主様も不安がられていましたが、修正後に窓の開閉や違和感が全く無くなったことに驚かれていました。

 

関連記事

  1. 京都で曳き戻し!

  2. 鋼管杭圧入工法とは

  3. 東日本大震災から10年

  4. 福岡と熊本の地盤改良工事

  5. 土蔵移動先の地盤調査

  6. 解体できない建物

PAGE TOP