Lawson店舗移動に着手!

千葉県船橋市の店舗の移動工事に取りかからせて頂きました。

 

今回の工事は、計画道路が店舗の一部に掛かるため店舗の角度を変えるという内容です。

 

弊社が信頼される理由の一つとして沈下保証が有ります。

地盤調査を行い支持力確認、弊社が販売している充填材”バルクアップ”で据付け固定すれば、

何と曳家工事でも第三者補償会社による沈下10年補償が付きます!(※事前審査あり・軟弱地盤は改良必要)

曳家工事で沈下保証まで付けられる曳家業者は日本でも数少ないと思います。

今回の物件も事前申請等の手続きは完了済みで、問題なければ保証対象となります。

 

建物を動かす前に、まず店舗内部の土間を撤去します。

普段は土間ごと移動も可能なのですが、

今回の土間は、基礎図面からワイヤーメッシュ入りの厚み100ミリのコンクリートであることが判ります。

おそらく梁に差し筋もないと思われますので、持ち上げたら土間が落ちてしまう可能性大です。

たとえ落ちなくてもコンクリート土間のしなりが出て、クラックも発生すると思われます。

移動後に不陸調整(ダブルロック薬液注入工法・土間レベル修正)も可能ですが、

移動後に土間を打ち直した方が、仕上がりが綺麗で費用も抑えられるので解体されることになりました。

Lawson

着工初日はプラスチックタイルを撤去しました。

 

こちらの敷地は広く、重機も機材も設置場所に全く困りません。

敷地内の貸駐車場を借りておられた方には、一旦車を別の場所に移動して頂きました。

ご協力ありがとうございます!

 

2日目は店舗のコンクリート土間の撤去です。

アイオン(油圧ブレーカー)で斫(はつ)るのですが店舗入口しか進入出来る場所がありません。

恐る恐る突入・・・。

Lawson

隙間が左右2cmほどしかありません!

でも入店出来ました👷

っとに良かったーーーーっ♪

 

今週は内部の土間を斫り掘削を進めて行きます。

アイオンで入店

 

関連記事

  1. 日本百名山に数えられる高山植物の宝庫『伊吹山⛰』のある地で沈…

  2. 店舗の回転移動を行いました!

  3. 曳家の”動き”

  4. 土台上げ工法とは

  5. Twitterはじめました。

  6. 知ってましたか?弊社は曳家工事と沈下修正工事で有名ですが、総…

PAGE TOP