建物の傾きが治るところがよく判る写真をご準備しました👷ご覧ください🌟

先日着工した愛知県の現場です👷建物は木造2階建て・布基礎、状況は最大沈下量15cm下がり💦建物が沈下側に傾いて菱っており、隣の建物に屋根がもたれ掛かっている状態です💦 修正作業はダブルロック工法で地盤改良を行い30t油圧ジャッキ十数台を布基礎の下に仕込んだ状態まで進めました。

これから7連連動油圧ポンプ(弊社オリジナル)を使用して(ボタンを押すだけなんですが)建物の沈下を修正します。(※ストロークが10cmの油圧ジャッキを使用したので1回ではゼロまで戻りません)

『建物の沈下を修正すれば菱向いた建物がもとに戻る』ことを判りやすく説明できるように修正前・途中経過・10cm修正後の3段階で屋根部分の写真を撮影しました👷

ではどうぞご覧ください♬

修正前

建物屋根が隣の物件に当たっている状態・軒樋は潰れています。

連動油圧ポンプのボタンをオン!一斉に油圧ジャッキが動き出します!

途中経過

潰れた樋から屋根が離れました!

屋根と屋根の間に薄っすらとヒカリが見えてきました♪ 建物が動いています!

10cm修正(ジャッキのストロークエンド・組替のため今日はここまで)

建物のタチが治ってきました!

10cmの修正で大きくもとに戻りました。空が見えます👷 内部の建具はスムーズに開閉できる状態になりました♬

後日残り5cmの沈下も修正すれば元のタチに戻ると思います。(完全には戻らない場合も有ります💦)

動画も取りましたので後日Instagramに上げられるよう編集します📷

関連記事

  1. 土間沈下修正工事とは

  2. 地震で土間下が沈下!バルクアップ材で充填

  3. ベース設計資料 建築編

  4. 予防と被害軽減が必要とされる水害対策🌊🌊🌊弊社にできる水害対…

  5. 【国宝】比叡山延暦寺の総本堂『根本中堂』で弊社が施工した柱上…

  6. 加古川水系の最上流🌊由良川水系の最上流🌊に位置する兵庫県丹波…

PAGE TOP