京都駅からほど近い住宅街で家の傾き直しております👷 ダブルロック工法で7cm持ち上げます👆

※写真掲載禁止の物件ですのですので写真UP出来ません。

ダブルロック工法の沈下修正を現在行っています👷 削孔時のロッドの感触からガラの多い地盤だと思われます。ガリガリと固い層があるなと思うとスッと30cmほど簡単に刺さる層も有ります。地盤調査データとその感触を元に二重ストローク管のロッド深さを決定します。やはり弱い層は薬液が噴く事もなくどんどん入ります💦

ダブルロック材撹拌

ダブルロック材はA液とB液を二重管で送り出し、ロッド先端で混ぜ合わせ地盤に圧入します。元から硬い地盤に入らず柔らかい部分に入ります。柔らかい地盤に薬液が入ってこそ地盤強化になります。定量入ったから次のポイントへ・・としている同業他社さんも居られるみたいですが、それ手抜きですよ👆

沈下量が多い一点でダブルロック材を2000㍑入れました。地中に2㎥も入る”隙間””軟弱部分”があったという事です👷 これを埋めておかないと再沈下の可能性が残ります💦 建物を上げるのはそのあとです。

関連記事

  1. 愛知県名古屋市で沈下修正、見積時の想定通りになりません💦

  2. 北摂山系の中にあり標高が高いことから「大阪の軽井沢」、寒冷で…

  3. 熊本地震で寸断の国道57号線の現状

  4. 曳家の工法①

  5. 床下の空間で沈下修正作業が出来ます!

  6. 沈下物件

    愛知県の別荘 沈下修正 & 観音堂の曳戻し

PAGE TOP