水害対策の嵩上げ作業完了

《現場班報告》

以前の工事でスケルトン状態の建物を持ち上げていたのですが、基礎が完成したので据え付けました。
海が近く水面と地盤がほとんど差がない地域です。
過去に敷地が海水で浸かる事もあり、住宅を改修する際に建物を上げることで床上浸水を防ぎます。

台風が来たら飛ばされる心配をしていましたが、台風シーズンまでに間に合いました。

一方、滋賀県守山市の土蔵移動工事は移動先まで道路を通るため、電柱等の位置を計測しながら角度を調整中です。
駅に続く道で人通りが激しく、完全に止める訳にはいかないので急遽移動経路を変更しました。
直角で渡るところを斜めに移動することにしたので、少し寸法が足りない予感・・・!
月曜日に道ギリギリまで寄せて微調整を行う予定です。

(通られる方が珍しそうに観て行かれます。周囲は一般道路ですので是非ご覧ください)

もう一方、千葉県東金市の沈下修正工事に着工しました。
設計事務所の曳家工事も継続して施工中です。
来週はお寺の本堂の木部塗装工事と屋外トイレの防水塗装工事も着工します。
今週は全国でバタバタした動きでアッという間の一週間でしたが、来週は更に忙しくなりそうです。

 

関連記事

  1. 曳家の工法③

  2. 曳家工事と水害対策

  3. 曳家の”動き”

  4. 荘厳寺様 観音堂の移動

  5. 曳家の歴史を覗いてみよう

  6. 【国宝】大改修に携わせて頂きました!

PAGE TOP