弱肉強食!強者の世界!

《現場班報告》

安土桃山時代の語源になった安土城が建てられた地『安土町』で地盤改良工事を行いました。地盤調査の結果、3.5mと2.0m付近の軟弱層が沈下の原因であろうと考えられるため、建物全体で≒27㎥分のダブルロック材を注入します。施主様の車庫をお借りして材料を搬入しおかせて頂きます。薬剤がパレットに大量に積まれてくるのでハンドリフトが悲鳴を上げています。

建物に沈下が見られるのでレベルを計測しながらの注入作業となります。一番下がりの大きい場所から注入するのですが、表層に噴くことなくあっさりとダブルロック材が2000㍑が入りました。建物も5mm程度の上りは見せましたが、注入位置を変えて注入を続けても数ミリの上りが見られるだけです。

地盤改良を行ってもう薬液が入らないところまで充填し、地盤が隆起することで建物が大きく持ち上がってきます。とにかく順番に打ち続けていく事にします。

工事写真を撮るために遠景からカメラを向けるとファインダーにでっかい蜘蛛に捕獲された蝉が飛び込んできました!思わず作業員を呼びました。現場内でこんな弱肉強食が繰り広げられているとは・・・

弱い者が強い者の犠牲になる、実力の違いがそのまま結果に違いを生ずる闘争状態の世界

・・・・。

 

関連記事

  1. 熊本地震で寸断の国道57号線の現状

  2. 1cmの沈下でも!?

  3. 長浜鉄道スクエアに行こう

  4. 国鉄ワム80000形貨車

  5. 石の基礎の沈下修正

  6. 水害対策の嵩上げ作業完了

PAGE TOP