1cmの沈下でも!?

《現場班報告》

今年のお盆は工事が重なって休みが取れていませんが、お盆後の予定が立て込んでいますので17日より薬液ポンプのメンテナンスを含めた準備作業、18日から栗東の沈下修正工事に着工しました。建物敷地内には機材機器が置けなかったので隣地の方にお願いして設置させて頂きました。ありがとございます。

今回の物件は部分的な沈下修正工事です。外壁面が15mm程度全体に沈下しており、室内やほかの部分には沈下が観られません。局部的な建物の沈下です。地盤調査を行いましたが表層がやや弱い程度で1mも深くなれば布基礎に必要な支持力は十分ありました。

今回は地盤改良をする家庭で1cmなら基礎が上がる事を想定した注入計画としました。弊社は沈下防止として地盤改良も行っていますが、いつもレベルが2~3mmは上がる事の許可を頂いています。これは建物を上げずに注入を行う事が難しいためです。地盤に空隙や軟弱部分がある内は薬液はそちらに流れます。そこが埋まり薬液が広がった段階で地盤が隆起します。目で建物が上がった事を確認して初めて注入をストップします。今回は表層部分の強化をするため早い段階で建物が上がると予想できました。

室外機がある場合は注意が必要です。基礎と一体化していない、且つ建物に比べて軽いので室外機基礎だけが持ち上がってしまう可能性も有ります。この辺りはいままで何百件と施工してきた経験で判断し、注入角度や注入量を決めて施工します。外壁部分数箇所のレベル計測も常に計測しながら行っています。建物を沈めることが難しいので十分注意が必要です!

1cmで工事をするの?と思われる方も居れると思います。たとえ1cmでも距離が短い間で急激に下がっている場合、3/1000を超える事が有ります。今回のように1cmの沈下ですが計測で7/1000あり、体感的にも下がっているのが感じられます。また建具の不具合が出て開け閉めが困難でした。1cmでも生活に支障出る事が有りますので侮れません。

弊社は沈下修正及び曳家工事も行っております。1cmでも1mでも、柱1本から建物全体まで何とでも修正できます。地盤沈下でお困りであれば気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 積雪により建物に近づけない場合の工事・・・

  2. 福岡と熊本の地盤改良工事

  3. 今年最後の熊本県での沈下修正工事

  4. 石の基礎の沈下修正

  5. レベル計測と地盤調査をしよう

  6. 土間沈下修正工事とは

PAGE TOP