水害対策・庫裏(くり)を基礎ごと盛土上に移動

《現場班 報告》

現場で聞かれる事が多いので報告しますが、今週のワクチン接種で全員ワクチン2回目完了です!
ここ数日は弊社職人のワクチン接種日の関係も有り、現場を開けたり開けなかったり・・・調整が難しい時期でした。
その中で京都で沈下修正工事、兵庫県で曳家工事を完了させていただき
今週から京都のお寺の庫裏を移動させます。

水害対策としてハイウォーターラインを超える高さの盛土上に庫裏を移動し据え付ます。
盛土は改良材を撹拌しており、硬く沈みません。
現状の庫裏を基礎ごと持ち上げて盛土の上に道を作り、
ローラーで道を滑らせながら所定の位置まで移動します。
居住しながらの施工ですので、ライフラインを掘り出して移動の際の切り替え接続の準備も行います。

基礎の形状を確認しながら土留めコンクリートを斫り、掘削横掘りをします。
ベースが200mmあり犬走まで一体になっていました。
これなら犬走ごと持ち上げ可能です。
重機の数を増やしてスピードアップを図ります。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 曳家の歴史を覗いてみよう

  2. おサイフを狙った悪質業者にご注意を!

  3. 施工に困った建物・・・

  4. Twitterはじめました。

  5. SHIGA LAKESTARS バスケット試合観戦

  6. 床下の空間で沈下修正作業が出来ます!

PAGE TOP