液状化対策エコシリカとのコラボ?結果は!

熊本市で先月末より着工した沈下修正工事が完了しました。熊本地震により10cm以上の沈下した建物を±2mmまで復旧出来ましたので施主様も大変喜ばれていました。今回は液状化で大きな被害が出た地域で、公共事業で液状化対策を行っている地域です。今までの段取りとは大きく異なります。弊社が施工に入る前に液状化対策としてライト工業様のエコシリカ注入を建物下全体に行っていました。今回の物件のエコシリカ施工時にライト工業施行担当者の方に時間を設けて頂き、施工内容や施工後の状態をお聞きし綿密な打ち合わせを行いました。沈下10年補償との兼ね合いがあるので補償会社とも協議の連続です。施工内容を反映した施工計画書を熊本市に提出、準備完了です👷

そして施行となりましたが割と問題発生・・・建物を中心に近隣が全てがエコシリカ液状化対策の同時施工中!道路も通行止め、道の中心でボーリング作業!これでは弊社の4tユニック車両が入って行けません・・💦現場着のセメント到着も近くまで来ているのに入ってこれないもどかしさ。何とか大回りの道を見つけてギリギリ搬入出来ましたが、次の日にはその道も工事で通れなくなる状態です。次の資材搬入が出来なければ工事が止まる・・・工期が決まっているのに・・・とドキドキです💦

警備員が視界から消えることのないくらい立っています。住宅街で保育園もちかいので厳重にしていますね。

レベル修正に関しては普段の施工通りに進めて行くだけですので問題はないと思いきや、地上への噴き上がり量が普段の5倍以上ありました。また建物の上がり方も経験上おかしな動きをします。1setで5mm上がったと思えばその後2set注入しても動きが無い。10cmの沈下ですので最初はどんどんダブルロック注入を続ければ良いのですが、仕上げ時の数ミリを合わせに行くときに薬液セット数がどれだけ必要か読めません。実際今回の工事で普段なら頼まない予備薬液を多めに搬入しています。施工時の違和感はエコシリカとの相性も有るのでしょう。

今回はライト工業様のエコシリカとのコラボ(勝手にコラボと言ってます)による沈下修正工事となりましたが、結果ダブルロック工法での施行だけの方が薬液噴出分が抑えられたかなと思います。掃除の手間も大幅に増えましたので今後エコシリカで液状化対策をした物件につきましては、養生費や清掃費を計上しておく必要がありますね。工期は当初の想定通りに完了出来ました。エコシリカ施工により地盤の支持力も十分に上がっている想定で初期地盤改良手間を減らして設計していましたが、エコシリカ施行で想定通りの成果が出ていたのだと思われます。

 

さて、年末までに熊本市でもう1件施行をおこなって今年の工事納めにしたいと思います。

関連記事

  1. 曳山祭りと曳家

  2. 悪質業者から身を守る!

  3. 土蔵移動先の地盤調査

  4. 曳家の”移動”

  5. 本年も大変お世話になりました。

  6. 千葉県東金市で沈下修正工事

PAGE TOP