平成の名水百選に認定されている「山比古湧水」のある街で地盤改良工事👷

山比古湧水』とは鈴鹿山系の山裾、宇曽川の源流にほど近く湖東流紋岩帯(秦荘石英紋岩)を通って出てくる湧水です👆

宇曽川渓谷として整備されていて避暑スポットになっています♪

今回その街に地盤改良と建物改修のご依頼を受けて向かいました🚚

小型ユニックで資材搬入

建物側面のコンクリート土間が割れて沈下して傾いており、

擁壁面に沿って掘られた側溝の割れから地盤の中に雨水が全て入る状態です。

これでは土が痩せて地盤は弱くなります。

6月に地盤改良を行う方向で話を進めていましたが、擁壁隣の田んぼの稲刈りが終わるのを待っての施工となりました。

いよいよ稲刈りシーズン突入し、稲刈りが終わった瞬間に連絡を頂く段取りでいつでも施工できるような体制を取っておりました👷

そしてついに来た!

ダブルロック材

コンクリート土間に二重管ロッドで削孔出来るだけの大きさの穴を斫って作ります。

そこからロッドを差し込んで深い位置から浅い位置にステップアップしながら部分的に地盤改良を進めます。

ゲルタイムは10秒設定で遠くまで流れることなくゲル化します。

ロッド先端周囲にしか薬液が流れないので隣地への影響はほぼ有りません👆

ダブルロック材注入

後日このコンクリート土間は撤去します。

擁壁側面にU字溝を設置して雨水の排水をしっかり処理できるように造り替えます。その後、コンクリートを打ち直します👷

 

 

関連記事

  1. 求人募集に思う事

  2. 土蔵移動先の地盤調査

  3. 地盤調査

    朝の冷え込み・・・ヤバッ!

  4. 某大手メーカー工場内のピット(地下に設けた配管を通すための空…

  5. 曳家の工法①

  6. 沈んだ柱を持ち上げます!

PAGE TOP