信楽焼のタヌキの横で沈下修正

長い間お待ちいただいていた湖南市の沈下修正工事の着工です。

お盆前に伺える予定でしたが8月前半の悪天候の連続で工事工程が全て遅れました。

ご無理をお願いして何件かのお客様に工事をお盆後に変更していただきました。

皆様のご理解に感謝申し上げます。

こちらの建物の和室と廊下の壁が建物の表から裏まで沈下しており、

他の部分は問題ありません。局部的な沈下です。

和室ですので畳と下地の板を撤去させていただき、そこからダブルロック薬液注入を行います。

基礎下に薬液注入することで地盤を隆起させ、建物を持ち上げる計画です。

壁全体を養生し、準備完了です。

地盤調査の結果、地盤の状態は悪くないので早い段階で建物が持ち上がると想定しています。

クレーン付トラックで機材搬入を行い、ダブルロック材・セメントも搬入完了です。

今回は敷地が広く使えるので、細かい配置計画なしでどんどん置いていけます。

設置及び作業スペースが広いとありがたいです。

基礎のベースを確認するため注入位置を決めたあと掘削作業を行います。

柱部分は独立基礎のようにコンクリートが打たれていました。

基礎の接地面積が広いほど建物は下がりにくくなります。

実は薬液注入の沈下修正では基礎接地面が広いほど建物が上がりやすく、施工しやすくなります。

ベタ基礎の建物の沈下修正が薬液注入で行なわれるのは、薬液注入の際、下から受ける圧力を布基礎よりベタ基礎の方が受けやすいからです。

布基礎は基礎の無い部分に逃げる場合があるため微調整が難しく、連動油圧ジャッキを併用する場合が多いのです。

いよいよダブルロック薬液注入を行います。

玄関の柱も沈下して、束石で受けている庇柱は最初から浮いています。

信楽焼のたぬきを横に作業を進めて行きます。

立派な信楽焼ですので工事中に絶対割らないように注意!(工事班、危ないので移動させてください)

 

関連記事

  1. メディア掲載『中日新聞』

  2. 奈良のカボチャはスイカのような香り

  3. ダブルロック工法とは

  4. これこそが「バルクアップ工法」だ!

  5. 今年最後の熊本県での沈下修正工事

  6. 床下の空間で沈下修正作業が出来ます!

PAGE TOP