充填式嵩上げ工法『バルクアップ工法』がNETIS登録されました👷

 弊社が行っている水害対策や沈下修正などの用途に行う嵩上げ工法『バルクアップ工法』が1/11にNETIS登録されました。

 

『 NETIS(ネティス) 』とは?

新技術情報提供システム「New Technology Information System」の略で、

国土交通省が運用している新技術にかかる情報を、共有及び提供するためのデータベースです。

国土交通省が取り組んでいる「公共工事等における技術活用システム」の中核を担うものとして平成10年度より整備されており、

目的としては、現在公共事業が抱えている様々な問題点を解決すると共に、

優れた技術を持つ企業をサポートし、更なる新技術開発を促進する事ものです。

 

弊社は水害対策として曳家工事・嵩上げ工事を行っております。

そのなかで建物を移動できない敷地の嵩上げなど高い費用と工期が必要な物件に何件も出くわしています👷

その場で持ち上げて固めてしまえば土工事や余分な建物の嵩上げをせずに施工が完了出来ます。

盛土の『土』の代替があれば可能ですのでその開発を続けてきました。その成果が認められ推奨工法として認定頂きました。

水害対策だけでなく建物の沈下修正も同じです。沈下した分だけ嵩上げすれば元に戻りますので考え方は同じです。

弊社の新技術を活用できる場の提供をよろしくお願い致します👷

バルクアップ工法

バルクアップ工法

バルクアップ工法

バルクアップ工法

関連記事

  1. 羽柴秀吉によって長浜城の城下町として整備された市街中心で『バ…

  2. 土間沈下修正工事とは

  3. 曳家の工法①

  4. 新年のご挨拶🎍

  5. 悪質業者から身を守る!

  6. 狭い場所でも地盤改良が可能です!

PAGE TOP