積雪により建物に近づけない場合の工事・・・

 

平素より大変お世話になっております。

(有)西川総合建設スタッフです。

 

今週は福井県若狭にある区公民館の沈下修正の工事でした。

先週は急な寒波の到来により、日本海側は大雪のため着工できるか心配していましたが、

現地の状況を施工主様にお聞きしたところ、これまでの降雪で10cm程度の積雪があるとの話でした。

しかし当日の夜中も雪は降り続き…

 

このように積雪が30cm程度になってしまい、目的の建物へ近づけない事態に!

 

状況の良し悪しにかかわらず、機材機器を運び込まなければ作業は不可能です。

そこで、トラックが進入できるように除雪作業から始めました。

この物件は鋼管杭圧入工法での施工を予定しているため、掘削用の重機はトラックに積んできています。

というわけで、まずは道路から除雪開始!午前中までに建物へ辿り着くことができるのでしょうか…?

 

除雪作業の間も雨が降ったりみぞれが降ったり…非常に不安定な天候でした。

重機も小型のため、排土板で押せる雪の量は限られています。何度も往復して、進入路を広げていきます。

その結果…

 

無事に建物の前まで辿り着くことができました!

除雪作業が終わった頃にはすっかり天気も回復してきました。

午前中いっぱい掛かりましたが、午後からはコンクリート土間の斫りを進められそうです。

(つづく?)

 

(有)西川総合建設スタッフ

 

 

関連記事

  1. 土間沈下修正工事とは

  2. 土台上げ工法とは

  3. お寺の嵩上げ工事 水害対策

  4. ベース設計資料 建築編

  5. 鋼管杭圧入工法とは

  6. 古民家再生と補助金

PAGE TOP